一般社団法人日本防滑推進協会 オフィシャルブログ

防滑活動(床等を滑ったことで生じる転倒等の事故(スリップ事故)を防ぐ活動)を通じて安全な社会を実現することを目的とし市場の整備・発展を目的として活動している「一般社団法人」オフィシャルブログです。

タグ:滑りどめ

2019年ラグビーW杯 エコパの奇跡 日本VSアイルランド の会場となった静岡県のエコパスタジアム車いす用の長いスロープがあります。こちらも雨が降ると勾配があるので非常に滑りやすく危険な所でした。こちらの床にも、当協会推奨の滑りどめ「カパラグリップ」で防滑施工し ... もっと読む

東日本大震災以降、各所にこのような施設が増えてきました。こちらは静岡県浜松市の津波避難タワーです。金属製の、とても頑丈なもので、いざ津波が来た時に安心して避難できます。ただ金属ですので、雨降りなどで濡れていたりしたらとても滑りやすくなり危険な場所でもあり ... もっと読む

愛知県のお菓子メーカーの出荷場です。フォークリフトが頻繁に行き来する入出荷場です。雨の時などはこのコンクリート面が非常に滑りやすくなりフォークリフトのスリップにより商品を破損させてしまうこともあったそうです。このようなスリップ事故を防ぐために当協会推奨の ... もっと読む

コロナ禍、3密を避けるということでゴルフ場がにぎわっているそうです。ゴルフ場でプレー後のお風呂。ここでの転倒による事故がゴルフ人口の高齢化に伴い増えています。ゴルフ場の大浴場。奇麗に石やタイルが敷き詰められていますが、濡れた状態では非常に危険です。こんな ... もっと読む

介護施設のお風呂場です利用者さんはもちろんなのですが、介助するヘルパーさんの転倒事故が多いそうです。労災事故の原因でも転倒事故が多く、大問題になっています。こちらの施設では、見た目が変わらない、当協会推奨の「クリアグリップ」が採用されています。 ... もっと読む

「防滑110番」ってご存知ですか?日本防滑推進協会ではみなさまの身近で起きた転倒事故のご相談をホームページでお受けしています。その名も「防滑110番」身近に潜む転倒事故の危険。ここの施設の玄関が滑るんだよね!浴場で危ない思いをした!とか、みなさんのご相談をお寄 ... もっと読む

新年あけましておめでとうございます。本日が2021年の仕事始めとなります。本年も防滑を通じて安心安全を拡め社会貢献できるように活動してまいります。 ... もっと読む

先日、会員様企業が静岡県磐田市にある津波避難タワーに防滑(滑りどめ)工事を行いました。東日本大震災以来、非常時に津波の被害対策で全国でこの様な津波避難タワーが数多く建設されています。静岡県でも110基もの津波避難タワーがあるともいわれています。避難する際、晴 ... もっと読む

一般社団法人「日本防滑推進協会」では、「防滑技術者の育成・研修」事業を行っています。 今回は群馬県と大阪府より計3名を迎え防滑工事の施工研修を行いました。 新たに会員になられた会社様です。こちらは当協会推奨施工の「クリアグリップ」の技術指導です。みなさん真 ... もっと読む

工事現場でこの様な鉄板が敷かれているのをご覧になったことはありませんか?これは工事現場の出入口で歩道などを保護するために敷かれています。一般社団法人「日本防滑推進協会」へこの様な鉄板の上で雨の日に危ない思いをした方や、自転車で転倒してしまったとのご相談が ... もっと読む

工場の安全対策の担当者からのご相談で最近多い事例をご紹介致します。従業員さんが歩く通路上で、雨が降った後や工場からの油が靴底についていたりして、倒事故が多いということです。特に下の写真のような側溝の蓋(グレーチング)やマンホールなどです。安全対策のご相談 ... もっと読む

南あわじ市に本社を置く、「日本防滑推進協会」会員である昭和窯業様が、滑って危ないとのご相談を頂いた工場の通路に、防滑対策として「カパラグリップ」の施工をご提案して喜んでいただきました。「カパラグリップ」は当協会が推奨する防滑施工です。鉄部などにも強靭に塗 ... もっと読む

本当は怖い転倒事故。同一平面上で転倒によって命を落とされた人は年間なんと9,673人。これは実に交通事故の死亡者数の2.6倍以上!年々対策がされ、自動ブレーキなど技術革新が盛んな交通事故対策に対して、危険喚起の看板や滑りどめマットの設置などあまりにお粗末な対策が ... もっと読む

↑このページのトップヘ